工務店は技と技術

スタッフブログ

こんにちは、

工務店とは一般に営業網を比較的狭い地域に限定し、地域に密着した建築会社を言います。

工務店には、設計から施行まで一貫して家づくりを依頼することが出来ます。

正し、工事監理の体制には注意し、確認しておきましょう。

管理は、工務店の管理担当者や現場監督がいますが、施行者に都合の良いチェックになる可能性もあるからです。

一般的に、木造の在来軸組工法を得意とする、工務店が多いようです。

基本的には自由設計が主体の家づくりで、建て主の希望や条件に合わせて設計します。

しかし、デザインや見栄えについては、工務店側の施行のしやすさが優先してしまうこともあります。

技術力と統率力をチェック

工務店を支えるのは、地元の評判といっても過言ではありません。

その地域で長年営業し、実績のある工務店ならば、ひとまず信頼できるといえます。

工事途中の現場をチェックしましょう。

ゴミの始末や駐車のしかた、資材や器具の置き方などで、その工務店の家づくりに対する姿勢が見えてきます。

それでも不安な場合は、住宅保証機構の「住宅完成保証制度」に登録している工務店か

確認してみるといいでしょう。この制度は、工事途中で工務店が倒産した場合に、

代替業者が引き継いで家を完成させるというものです。この制度の登録工務店であれば安心です。

工務店の家づくりのカギは、やはり施工の技術力でしょう。

また、工務店といっても、その会社が全ての工事を担当するわけではありません。

各専門業者会社の職方を取り仕切り、統率する大工棟梁としての力量も重要です。

読んでいただき、ありがとうございました。

簡単!LINE友達登録で建築士に相談↓

住宅のことや施工事例など日々更新中

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031