家づくりに重要な「資金計画」と「ライフプランニング」

お役立ち情報

こんにちは!姫路市・たつの市で注文住宅を手がけるエースフォルムです♪

不安定な社会情勢や、それに伴う物価の上昇などにより、「今本当に家を建てて大丈夫?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。残念ながら、一度値上がりしたものが値下がりする、ということはもうないと考えましょう。本当に家を建てたいのであれば、今こそしっかりと資金計画を立てて、無理のないローン返済で家づくりを進めていく必要があります。

■自己資金(頭金)を検討する
まずは、自己資金(頭金)がどのくらい用意できるかを検討します。自己資金は一般的に、住宅資金全体の20%以上が望ましいとされています。自己資金が少ない場合は諸費用を含めて住宅ローンを借りられる金融機関もありますが、早い段階で必要になる分もあるため、最低でも100万円程度の自己資金は用意したいところです。頭金を多くすれば住宅ローンの返済は楽になりますが、預金を全て使ってしまうと住宅以外の出費で困る可能性が出てきます。無理のない自己資金を割り出すことが重要です。

■住宅ローンで借りる金額を決める
基本的には、現在支払っている家賃や管理費、駐車場代をベースに考えて、同程度であれば無理なく返済できることが多いです。「あと2万円くらいなら増えても大丈夫」という余裕があるのであれば、増やしても良いでしょう。これから先共働きになる可能性や、逆に仕事を辞める可能性、子どもの教育費などがかかる可能性も考慮し、無理のない返済額を見極めましょう。

■ライフプランをイメージする
資金計画をする際に最も重要なのが、ライフプランをイメージすることです。子どもの教育費用がかかるタイミングやかかるお金、車の買い替え、親の介護、子どもの結婚など、長い目で見ると様々な出費のタイミングがあります。それらをトータルでイメージし、資金計画を立てることが大切です。そしてそのライフプランに合った住宅ローンの組み方をします。返済期間や金利タイプ、誰の名義で何割借りるかなど、最適なローンの組み方は家族のライフプランや希望によって様々です。

厳しい時代だからこそ、じょうずに補助金などを活用しながら計画を立て、安心できるマイホームづくりを実現させませんか?当社にはプロのファイナンシャルプランナーがおりますので、安心してご相談いただけます。ぜひお気軽にお問い合わせください!

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728