住まいの保険

ブログ

~加入しておきたい住まいの保険~

第二十九回目は住まいの保険についてです。

住まいを守るためには、メンテナンスと共に保険に加入しておくことも大切です。

隣の家が火災になり、それが自分の住まいに燃え移っても、火元の住人から補償を得ることはできないので、建物や建物内に収容された物品の火災による損害を補填する保険である「火災保険」に加入しておくことが大事です。
また、住宅火災保険ではカバーされない損害についても補償がなされる「住宅総合保険」もあります。
火災、台風などによる家財の汚損や、盗難による災害に対しては、別に火災保険契約において対象とする「家財保険」に加入する必要があります。

火災保険では地震によって起きた火事で建物や家財が焼けても保険金は支払われません。
このため、損害保険の一種で地震・噴火・津波による災害で発生した損失を補償する「地震保険」に加入する必要があるのですが、地震保険は単独加入ができず、火災保険とセットで契約することになっています。

日本は地震の多い国なので地震保険にも入っておくと安心です😊

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930