家づくりをスムーズにスタートさせる秘訣

スタッフブログ

伝え方が基本設計に影響する

自分の要望を設計者や担当の営業マンにどう伝えるか。

そして、それをどのように基本設計に反映してもらうか。

納得のいく住まいを手に入れるには、個々が大きなポイントとなります。

話し合いの中で思ったことをメモしたり、最低限叶えたい要望を箇条書きにしてまとめる方法、

設計者から質問をもらい回答していく方法などがあります。

「お任せは」は絶対に避けたい

伝え方に加え、自分の要望を形にしてもらうためには、建て主が自分の生活や住まいに対して

明確なイメージを持っていることが大切です。

何もなしで、「お任せでお願いします」としてしまうのだけは避けたいところです。

完成したプランに納得がいかないことがあるからです。

しっかりと、家族の要望や意見をまとめることから始めましょう。

打合せシートの作成のすすめ

①家づくりの計画内容

入居日や予算の上限、家族構成や年齢など

②家族の暮らし方

新しい家に反映したい生活スタイルや家事のルール

③デザインやイメージ

雑誌やHPなどで気に入ったものがあれば切り取って渡す。

④部屋の希望

欲しい部屋と、向きや広さ、位置や使い方など

⑤敷地利用や屋外の要望

敷地の所在地と測量図は用意しておく。建物の配置に希望があれば、測量図にスケッチする。

⑥家の作りに対する要望

耐震性などの構造や断熱、素材や設備など

⑦家具や家電品のリスト

家具や家電品のリストと大きさ、高さ、奥行、配置場所など

これらを事前に用意し、打合せに臨みましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

簡単!LINE友達登録で建築士に相談↓

住宅のことや施工事例など日々更新中

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031