照明・階段にこだわりを施した家

2018年12月
新築 木造 2階建
house:住宅

N宅邸

こちらのお客様の土地は調整区域にある土地で、おまけに接道義務をはたしていなかったので、まずは建てることができるか否かの検討から取り掛かりました。道路の申請から都市計画の相談まで、時間はかかりましたが施主も最初建築をあきらめていたので、建てれると分かった瞬間はとても喜んでいただけました。施主が電気工事屋さんということもあり、照明器具にはかなりこだわっています。基本的に照明器具が見えたくない、という要望で間接照明のみで照度を確保しました。階段にもこだわっており、各所にACEFORMのこだわりが散りばめられたお住まいです。

お客様の声

当初より抱いていた、私たちの理想の住宅を実現して頂きました。いくつかの工務店さんで新築の相談をしていたのですが、その工務店で「この土地には建築ができない」と言われ何年も計画が流れていたとき、ACEFORMさんを訪れました。今でこそわかるのですが、私たちが建築を考えていた土地は調整区域と呼ばれる土地で、さらに接道が無い、そんな土地でした。ただ、堀岡さんに一度見てもらったところ「大丈夫です」とおっしゃっていただきました。それまでずっと断られ続けていたので内心不安でしたが、ACEFORMさんにすがる思いでお願いしたところ、土地の問題を一つずつ解決して頂き、気が付けば建築確認申請許可がおりていました。その後はどんどん打合せが進んでいき、気が付けば建築が完了していました。デザイン等はほとんど堀岡さんにお任せし、予算内で思っていた以上のお家が完成しました。今後、周囲で住宅購入を考えている人がいたら是非とも紹介したいと思っています。

担当建築士より

ご主人が電気工事をされていることもあり、照明器具にこだわって「照明器具が見えない」そんな空間づくりをイメージしながら設計しました。室内からのバルコニーの繋がりをイメージし、広すぎるリビングを更に広くみせ、階段も玄関から入った瞬間目に入るオブジェクトのように施工しました。こちらのお住まいで作らせていただいた階段デザインはコンクールにも応募させて頂きました。ありがとうございました。残念ながら入賞はできませんでしたがそこまでこだわった建築をさせていただいた事に心より感謝いたします。施主様のこだわりに溢れた住宅で、ご家族と共に毎日楽しく過ごしていただけることを我々も喜ばしく思います。