和の雰囲気にこだわった、城下町に似合う和食料理店

2017年12月
リノベーション
house:店舗

和の雰囲気にこだわった、城下町に似合う和食料理店
辻川権兵衛 みゆき通り店

姫路のみゆき通りにある和食料理店で、姫路城の観光客が絶えず訪れる店舗でした。そんな和の雰囲気を残すため、入口ファサードには日本瓦で庇を作り、そこからのれんでお店の名前を表示しました。入口付近には江戸時代のなまこ壁をイメージしたデザインを入れさせて頂きました。内部のクロスも和紙デザインの壁紙を使用し、天井に州色を持ってくることで和の落ち着いた雰囲気を演出しました。今現在でも姫路を代表する飲食店の一角を担う店舗として営業しています。

お客様の声

無事リニューアルオープンできました。
私がACE FORMさんと出会ったのはコーヨーリンクスさんと言う工務店さんに紹介頂いたのがきっかけでした。昔からの手法で長年営業しておりましたが、働く人も減りどうにか少ない人数でお店を回転できないかと考えたのがきっかけでリフォームを決意しました。ただ、イメージだけは先行しますが、それを業者さんに伝えるのが難しく、なかなか計画が進みませんでした。
そこで堀岡さんにリフォーム計画をたてて頂き、図面やイメージを見せて頂きながら打合せを進めてったところ急激に計画が進み、気が付けば工事が完了していました。完成してみると、私たちが望んでいた和のイメージをきちっと再現していただき、姫路に似合うお店作りができたと改めて実感しました。
これからも無理を言うと思いますが宜しくお願いします。

担当建築士より

権兵衛さんはもともと姫路城の観光客が絶えず訪れる店舗でした。このお店で私がこだわったのは、和の雰囲気を残すため入口ファサードには日本瓦で庇を作り、のれんを垂らしてお店の名前を表示しました。入口付近には江戸時代のなまこ壁をイメージしたデザインを入れさせて頂きました。内部のクロスも和紙デザインの壁紙を使用し、天井に州色を持ってくることで和の落ち着いた雰囲気を演出しました。姫路を愛する一市民として権兵衛さんのようなお店が末永く続いてくれればと心から願っています。