日当たりが良く、風が通る住まい

ブログ

インターンの中尾です。

今日は日当たりと風の通りついて勉強したので、是非見てください!
第十九回目は日当たりと風の通りについてです。

~日当たり~

1.敷地の日当たり
まずは、季節を通して敷地にどのような影が落ちるかを知っておくことが大切です。
また、どの部屋に旭を取り入れたいか、西日はの暖かさはどの部屋に欲しいかなども考えることが大切です。

2.間接光を利用して
直射日光が得られない部屋でも、太陽光を間接的に室内に取り入れて室内を明るくする工夫をします。
間接光は直射日光に比べて、眩しさがなく、ほどよい明るさが良いところです。

~風通し~

1.風の通り道を作る
家の中を吹き抜ける風の心地よさは、エアコンではなかなか得ることができません。

➀風の配置を考える
風通しの良い家づくりのポイントは南北に吹く風の通り道を作ることです。

➁間取りで風の通り道を作る
間取りで考慮する点は、風の入口と出口です。
南側の窓と北側の窓はできるだけ同じような大きさにすることが大切です。

日当たりは敷地から季節を通して知ることが大切で、風の通り道を作ることで心地よい家になることを知ることができました😊

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930