ローンを組むときにかかる費用

ブログ

~ローンの費用~

今回はローンを組むときにかかる費用についてです。

住宅ローンを組むときは返済金額以外にも契約の際には、印紙代や手数料などの諸経費がかかります。

また、住宅ローンを受ける際には火災保険への加入が義務付けられています。

保険料は建物の構造や地域などによっても異なりますが、およそ20万~30万円が目安です。

もう一つ地震保険というものもあります。

地震保険は任意での加入となり、単体ではかけられず火災保険とセットで契約します。

地震保険も同様に保険料は建物の構造や地域などによっても異なります 。

ローンを組むときに必要な諸経費

印紙代

契約書や領収書など商取引に係る書類に対して課される税金のことです。

ローンの額によって異なります。

抵当権設定登記料

万が一、住宅ローンの返済ができなくなった場合に備え、金融機関が土地や建物を担保にする権利のことです。

団体信用生命保険

住宅ローン返済中に契約者に万が一のことがあったときに、住宅ローン残高がゼロになる保険のことです。

保険料は借り入れ額と返済期間で決まります。

融資手数料

住宅ローンを借入れする際に金融機関に支払う、融資に伴う事務手続きなどの手数料のことです。

住宅ローン商品によって金額も支払い方法もさまざまです。

保証料

住宅ローンを借りる際に、金融機関が指定する保証会社に支払う費用のことです。

借り入れ額と返済期間で決まります。

 

火災保険と地震保険

火災保険

建物や建物内に収容された物品の火災や風水害による損害を補填する保険です。

地震保険

損害保険の一種で地震・噴火・津波による災害で発生した損失を補償する保険です。

借りるお金以外にも、さまざまな諸費用が発生することを覚えておきましょう😊

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930